ブログ

日本語教師―SNSの集客について―

投稿日:

Pocket


 私は YouTubeの登録者数が1万人くらいの時にitalkiを始めました。1万人いたらレッスンを受けてくれる人はどのくらいいると思いますか?

 italkiを始めて最初の1か月で予約してくれたのは15人です。その時は既にコロナ禍でした。SNSを使った集客はそんなに甘くないです。

 私の YouTubeやInstagramを見てもらえる理由はたった1つ。ネットとスマホさえあれば無料で見ることができるからです。なのでわざわざお金を払ってまでレッスンを受けようという人は0.1%くらいしかいません。私は直接法で会話しか教えていないことや、SNSをやっていなくても魅力的な先生はたくさんいるので、それらも私が選ばれない理由かもしれません。

 それでも YouTubeやInstagramがあるからこそ、今italkiで教えることができています。Instagramは今でこそ2万人のフォロワーがいますが、最初の1年間はなかなかフォロワーが増えませんでした。日本語学習者をハッシュタグで探して、毎日20人くらいに「いいね」を押すという地道なことを数か月はやりました。毎日投稿していた時もあります。自分の存在を知ってもらうためにはこれらの方法以外ないと思いました。

 私は何か特別なことができるわけではない、なんなら英語も話せないし経験も知識も不足している日本語教師なので、自分を知ってもらうためには人より努力する必要がありました。

 突然バズるというのは本当にラッキーなことで、宝くじが当たるくらいの確率だと思います。地道にやっていくしかありません。数か月とか半年でフォロワーが全然増えないと言う方がいますが、もともと有名な方でない限りそんな短い期間で数千増える方が稀です。italkiの生徒さんも同じだと思います。アルゴリズムのランキングに頼って生徒さんを増やすのは難しく、やはりご自分をアピールしていくにはSNSが役に立つと思います。

 SNSは続けるからこそ価値があると思います。目先のフォロワー数を気にするのではなく、1年以上続けることを目標にすると、徐々に集客力も上がるのではないかと思います。

 長文失礼いたしました。

                 あかね

-ブログ

Copyright© あかね的日本語教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.