ブログ

他人と自分を比べること

投稿日:

Pocket

この内容はPodcastで話した内容です。

Spotifyが使えない人はこちらから聞いてください。

日本語の聴解のためのPodcast


今日は「他人と自分を比べること」について話したいと思います。

リクエストをくださった・・・アヌナさんでお名前はあっていますか?

ありがとうございます。

これはまさに私のことですね(笑)

みなさんはどうですか?

他の人と比べて落ち込んだり、嬉しいと思ったりしたことがありますか?

私は落ち込むことが多いです。

私はYouTubeやInstagramなどで配信しているので、やっぱり他の日本語の先生の動画などのコンテンツが気になってしまいます。

なるべく見ないようにしていますが、YouTubeって動画を再生しなくても、最初にでてくる画面で再生回数がわかりますよね。

「私の動画と比べてすごく再生されてるなあ」と、よく思います。

あとは学校で教える時に、ときどきですけど学生に「〇〇(まるまる)先生の授業はわかりやすい」と言われると、私の授業はまだだめだな~と思うこともあります。

当たり前のことなんですけど、みなさんも「この先生はわかりやすい」とか「この先生の授業はあまりおもしろくない」とか比べますよね。

私も学生のときそうでした。だから学生の気持ちがよくわかります。

でも自分が先生になったばかりのときは、他の先生と比べられるのはけっこうつらいと感じました。

私はまだまだ先生としての知識も経験も足りないから、「もっとがんばらなきゃいけない」という気持ちになりますし、自分から他の先生と比べて何が足りていないのかよく考えるようにしています。

私の個人的な考えですが、他人と比較することは悪いことではないと思います。

自分の成長につながるからです。

よくないのは、他人と比較して「自分はすごい」とか「自分には能力がある」というふうに必要以上にいい評価をしすぎることだと思います。

自分の能力に自信をもつことはいいことです。自分をほめることもいいことです。

「自分はぜんぜんだめだ」と思う必要はありません。

でも、「自分はすごい」とずっーーーーと思い続けたら、それ以上成長することや努力し続けることは難しくなると思います。

みなさんはどう思いますか?

いつも日本語の聴解のためのPodcastを聞いてくださってありがとうございます。

Podcastを続けるためにbuy me a coffeeで応援していただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。


☆漢字の読み方

比べる:くらべる

比較する:ひかくする

知識:ちしき

評価:ひょうか

成長:せいちょう

-ブログ
-, ,

Copyright© あかね的日本語教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.