ブログ

親切なウーバーの配達員

投稿日:

Pocket

この内容はPodcastで話した内容です。

Spotifyが使えない人はこちらから聞いてください。

日本語の聴解のためのPodcast


今日は私の日常生活の話をシェアしたいと思います。

みなさんは、食べ物のデリバリーサービス、宅配サービス、出前をよく利用しますか?

東京だとUber eatsというアプリで食べ物を注文する人が増えているようです。

渋谷や新宿を歩いている時に、自転車をこいでいるウーバーの配達員をよく見かけます。

私が住んでいるところは、最近Uber eatsを利用できるようになりました。

先日初めて家から注文してみたんですが、私がUberのアプリに慣れていないせいで、配達してもらう場所を間違えてしまいました。

自分の家じゃなくて、家から少し離れた場所に設定してしまいました。

自分の家にしたつもりだったのに、何かを押し間違えてしまったみたいです。

配達員の人から電話がかかってきて

「指定された住所が間違っていると思うんですが、確認してもらえますか?」

と言われました。

私は少し慌てて確認したら、やっぱり自分の家じゃない場所が指定されていました。

すぐに

「間違えてしまって申し訳ありません。こちらの住所に届けていただけませんか」とメッセージを送りました。

数分後、無事に配達員の人が私の家に注文した食べ物を届けてくれました。

私は配達員の人にチョコレートを渡しながら「すみません、アプリになれていなくて、お手数おかけしました」と言うと、配達員の人は「気にしないでください。慣れないと分かりにくいですよね。これに懲りず、また使ってみてくださいね。」と、全く嫌な顔をしないで答えてくれました。

「懲りる」というのは、失敗したり嫌な思いをしたことによって、もう2度とやりたくないと思うことです。

その日は暑かったので、申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、配達員の人が本当にやさしくて、とても温かい気持ちになりました。

みなさんも最近、温かい気持ちになったエピソードがありますか?

いつも日本語の聴解のためのPodcastを聞いてくださってありがとうございます。

Podcastを続けるためにbuy me a coffeeで応援していただけると嬉しいです。


☆漢字の読み方

宅配:たくはい

設定:せってい

配達員:はいたついん

指定:してい

届ける:とどける

懲りる:こりる

失敗:しっぱい

-ブログ

Copyright© あかね的日本語教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.