ブログ

日本語の授業の準備にかかる時間

投稿日:

Pocket

この内容はPodcastで話した内容です。

Spotifyが使えない人はこちらから聞いてください。

日本語の聴解のためのPodcast


みなさん、こんにちは。あかねです。

もうみなさんが知っているとおり、私は日本語学校で日本語を教えています。

毎年、教える内容は変わりますが、今までJLPTやEJUの読解や聴解を教えてきました。

EJUというのは日本留学試験という名前のテストです。blogにリンクをはっておくので、気になる人は見てください。

EJU▷https://www.jasso.go.jp/ryugaku/eju/index.html

学校で日本語を教えるために、いつもどのくらいの時間をかけて準備していると思いますか?

もしかしたら「日本人なんだから、準備する必要があるの?」とか「日本語のネイティブスピーカーなんだからすぐ教えられるでしょ」と思う人がいるかもしれません。

実際にそういう言葉を言われたことがあります。

単刀直入に言いますが、日本語のネイティブスピーカーだからといって、全員が日本語を教えられるわけではありません。

私も日本語の先生になる前は教えることができませんでした。

日本語を勉強している人に質問されても、すぐに答えることができませんでした。

私の日本人の友だちに「日本語の文法を教えるのは難しい」と言うと、「日本語の文法って何?文法なんかそんなにあるの?」と言われることがあります。

例えばみなさんが勉強したことがあるかもしれない文法「なければならない」とか「~のようだ」は、「それは文法なの?」と思う日本語のネイティブスピーカーもいます。

私も日本語の先生になって「これが日本語を勉強している人が勉強する文法なんだ」と驚いた記憶があります。

だからこそ、みなさんが勉強している文法を日本語のネイティブスピーカーが教えるのは簡単じゃありません。授業の内容によって違いますが、40分の授業のために40分準備するときもあれば、10分しか準備の時間がかからないときもあります。

自分が今まで教えたことがある文法ならすぐに準備できますが、教えたことがないと本当に時間がかかります。特に私は全部日本語を使って日本語を教えるので、勉強している人のレベルに合わせて、どんな説明をするか毎回変える必要があります。

もう日本語の先生になって6年目ですが、まだまだ難しいと思うことが多いです。

でも1年目のときは、40分教えるのに1時間以上準備の時間が必要でした。

経験がないし、学生にどんな質問をされるか全く予想できませんでした。

今でも授業をするときは緊張します。でもこの仕事はすごく楽しいです。

みなさんは自分の母語を教えたことがありますか?

いつも日本語の聴解のためのPodcastを聞いてくださってありがとうございます。

Podcastを続けるためにbuy me a coffeeで応援していただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。


☆漢字の読み方

準備:じゅんび

母語:ぼご

予想:よそう

単刀直入:たんとうちょくにゅう

(遠まわしな言い方をしないで直接はっきりいうことです)

-ブログ

Copyright© あかね的日本語教室 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.